前へ
次へ

新築時の不動産売却が一番リスクが少ない

販売されて間もない新築マンションという売却に乗り出した投資家の知人は、やはり成功しやすいことを口にしています。一般的な中古マンションよりも売却がしやすかったようで、手間がかからない事をメリットにあげていました。ただ、発売されて1年や2年という新築マンションを手放すのには勇気もいるでしょう。実際に自分が、不動産売却ではなく不動産購入といった立場ならば、なぜ新築マンションを売却するのだろうかと、手を出すことはないと思います。もちろん、知人が不動産売却した相手は同じ不動産投資家でしたから、問題にならないのでしょうが、新築という不動産売却にはデメリットもあると思うので、じっくり検討すべきだと思いました。新築不動産売却がしやすいといわれていますが、中古は基本的に築年数が古いからです。特に木造建築は不動産売却が難しいジャンルだといいます。知人に理由を聞いてみたところ、経年劣化によるものが占めているといいます。また、マンションの場合にはコンクリート造です。新築で誕生したばかりのときの美化は、1年から2年程度で失われてしまいます。どんな建物であれ、古株だから縁の下の力持ちになる人間と違い、頑丈な素材ではないので、いくらメンテナンスをしても不具合が生じます。それなら、不具合が生じる前に不動産売却したほうが割に良いでしょう。中古の不動産売却のデメリットは、間取り、デザイン性、機能性でも現代のライフスタイルに合っていないのは事実です。最新の設備を取り付けている新築時だからこそ、不動産売却が比較的簡単にできますし、価格も下がりきってはいないので利益損はしないでしょう。また、知人いわく、不動産売却について査定してもらうようで、その価値の大半は築年数で決まったといいます。ですから、新築なら資産価値も高いまま、需要もあり、アピール合戦を繰り広げることなく不動産売却ができるといいます。中古にはない魅力をしっかり教わることもできました。

Page Top